自ら破産の申し立てをすること

自己破産とは、払わなければならない借金が多額で、経済的に破たんし、自分の力では払えなくなった状態の人が自ら破産の申し立てをすることを言います。

自己破産とは

個人の債務者の場合は、自己破産申立と免責許可申立とを併せて行います

個人の債務者の場合

自己破産手続によって、多額の借金を抱えた人の財産を、債権者全員に公平に分配する事(配当)で、自己破産者の借金を事実上ゼロにする事が出来ます。

生活の建て直しのために必要な財産は、原則として99万円まで手元に残すことができます

但し、生活の建て直しのために必要な財産は、原則として99万円まで手元に残すことができます(自由財産)。この他に一定の価格以上の財産がない場合には、債権者への配当なしで手続きが終わります(同時廃止)。これは、法律で決められた制度で、裁判所を通じて破産者の経済的再建・生活の建て直しを支援する制度となります。

破産開始決定をもらえば、差押(強制執行)を止めることができます

自己破産を希望する債務者が、給与差押などをされているときは、可能な限りすぐに自己破産申立と免責許可申立をしなければなりません。破産開始決定をもらえば、差押(強制執行)を止めることができます。ただし、抵当権などの担保権実行による競売は原則としてストップすることはありません。

自己破産によくある勘違い

これらは全くの嘘であったり、一部条件が限定されているものが大半です。
もし、気になることや心配なこと等あれば、個別にお問い合わせいただければお答えしますので遠慮なくどうぞ!