不動産を強制的に売却される

競売(けいばい)とは、住宅ローンなどの借金を返せなくなった場合に、債権者が裁判所に申し立てをすることで担保となっている土地や建物などの不動産を裁判所が強制的に売却してしまうものです。

不動産を強制的に売却される

裁判所が委託した不動産鑑定士が、差し押さえ物件を調査し、定めた価格を最低売却価格とし、その価格は、一般市場価格の5~7割程度の水準となります。安くなるのは競売という事情を考慮しているためです。

そして競売の実施により市場価格の7割前後の価格で落札されるのが一般的です。

もっと詳しく競売について知りたい方はコチラをご覧ください。