裁判所を利用せずに和解を求める手続

任意整理とは、裁判所を利用せずに、弁護士や司法書士が代理人となって消費者金融やクレジット会社と交渉をして、借金の減額や利息のカット、返済方法などを決め、和解を求めていく手続のことです。

自分の収入の範囲で無理のない返済計画をお手伝いします。

実は、借金問題解決のうち、多くがこの任意整理による問題解決です。しかし、任意整理でうまく問題を解決するためには、条件があります。当然のことですが、自分の収入の範囲で無理のない返済計画が立案できるかという点と業者がその内容の和解に応じてくれるかどうかです。

経験のある弁護士や司法書士にしっかりと相談しましょう。

無理な内容で和解しても、以前よりはましになったが、それでもまだ借金の返済でギリギリの生活だ、というのでは意味が全くありません。経験のある弁護士や司法書士にしっかりと相談しましょう。

弁護士や司法書士が債務整理を受任することで、貸金業者は長らくお客様の頭を悩ませてきた取立てを止めなければならなくなります。また、これまでお客様と行ってきた取引履歴を必ず開示しなければならなくなります。

まずはご相談ください

自己破産のメリット

法律家が交渉することで、ご本人で作業を進めるよりは、借金の減額に応じてもらえることが多くなります。ちなみに、借入期間が長ければ長い程、借金がすでに無くなっていたり、逆に払い過ぎている場合も出てきます。

一度ご相談いただき、お客様の今の借金の状態を調べて見てください。

なお、司法書士の代理権の範囲は140万円以下となります。140万円を超える場合は弁護士をご紹介いたしますので、ご安心下さい。